カテゴリ:内容に関して( 8 )
AccessAnalyzerについて
右サイド下方にとありますが、アクセス解析 [AccessAnalyzer.com]という無料の高性能レンタルアクセス解析サービスです。

アクセス解析は、訪れた方のログなどを集計して、アクセス数などを明らかにできるものです。私は、アクセス解析がどんなものかの好奇心と自分のモチベーションを高めようとして試しに使っています。
[PR]
by papa-narini | 2005-03-23 13:24 | 内容に関して
人気blogランキングについて
右サイド下方に人気blogランキングとありますが、

順位は気にしていないのですが、ブログを書いているので、少しでも見てもらいたいと思って参加しています。



※人気blogランキングにリンクしています。クリックすると、このブログのポイントが増えます。ですが積極的にポイントを増やそうとは思っていません。更新する度に載るので参加しています。
[PR]
by papa-narini | 2005-03-23 13:08 | 内容に関して
梅の名前が面白い。「季節がら、ロゴ画像欄にうめの花を加えてみました。」元写真追添付
c0049285_1165263.jpg


実家の庭の梅の花が今年も香しく咲いているので、
可愛い姿を残しておきました。

桜の花もいいが、梅の花や特につぼみが丸みがあり可愛い。

梅干しは昔は薬用だったとか。

お弁当の時、娘はツナそして梅干しのおむすびが好き。

妻は梅酒をたまに飲み、中に入っている梅が好き。



追記:梅のオリジナル(トリミングあり)の写真追添付しました。
ウメはバラ科サクラ属の一種です。学名はPrunus mume。
原産地は不明ですが中国が原産地といわれています。
落葉高木で10mくらいまで大きくなります。開花は2〜3月、6月くらいに実が黄色くなりはじめます。
花を見るために育成・選抜されてきた品種を「花梅」、果実を食用とするための品種を「実梅」といいます。開花期は2月上旬〜3月中旬。

種類:思いの儘(おもいのまま)花色は淡紅色、紅色、絞り、白と1つの枝の中にも色々な花を正に「思いの儘」に咲き分けます。花は八重咲きの中輪。



引用:梅の種類を確認したのは、神奈川県観光ガイド〜かながわNOW〜
http://www.kanagawa-kankou.or.jp/index.html
により調べました。ありがとうございました。

見てみるといろいろな種類、名前があり面白い。おもいのまま...。  
   
[PR]
by papa-narini | 2005-03-21 23:29 | 内容に関して
ざっくりと書いているので。
ざっくりと書いているので、機会を見て、今まで書いたものの中でいくつか選んでじっくりと書きたい。
[PR]
by papa-narini | 2005-03-17 21:23 | 内容に関して
ブログでの文章のニュアンスって。
あらためて自分の書いた文章読むと堅いですね。くだけすぎてもおかしいと思っているし、口語体ではちょっとと思っているし。ニュアンスの伝わり方が違うようになっていると思う。自分を出すのがいいのだが。ふだんはギャグ連発。(おやじギャグ)
[PR]
by papa-narini | 2005-03-15 20:08 | 内容に関して
スキン変えてみました。
ちょっと仕事でサイトを作った事はあるのですが、Dreamweaverで制作しましたので、HTML、CSS編集などはあまりした事がない。日々勉強。何でも真剣に遊ぶ。

(以前はエキサイトのスキン「モンドリアン」そのままでした。少しこれから、ちょこちょこ改良をしていきたい。)
[PR]
by papa-narini | 2005-03-15 15:03 | 内容に関して
ブログタイトル、スキンを変更中です。
ブログタイトルは、papa narini blog からデザインの壁に変更しました。
といいますか、内容が分からないタイトルでしたので変えました。
これから、リニューアル。
[PR]
by papa-narini | 2005-03-04 13:26 | 内容に関して
始めるにあたって
内容は、備忘録。セルフプロジェクトや見立て、創造性など、デザインの仕事に関する事柄や、掘り下げたいこと。そして子供に関して。他に、日常や社会現象などについて書く。

書くことを続ける。書いたモノを振り返る。忘れていたアイデアや行うべき事を思い出し練り直す。さらに何かに展開出来るようにする。

カテゴリーはその都度増やす。その他設定について修正をする。現在、コメント、トラックバックなどよく分からないが理解し出来る限り行う。
[PR]
by papa-narini | 2005-02-06 23:40 | 内容に関して