デザインの法則2 パクりの定義
他社の鍋を見て、鍋をデザインするとパクり、自転車を見て鍋をデザインするとパクりではない。

前者と後者は似ていて全く違うことがあります。

分野がですね。それはインダストリアルデザイン(工業デザイン)という職業が出来た当時から手法は全く変わっていません。

流線型ということが流行った時代です。流線型はもともとロケットや飛行機のものを車、機関車や動かないインテリア関連までそのカタチを模倣しました。

クリエイティブなデザインといったら最初にカタチを採用した方でしょう。私はこのことに気をつけていきたいですね。

まあ、私の大学時代では自然界のモノのカタチをドローイングしカタチの美しさを活かそうとすることで、PCのモニタ上だけで描くのでは分からない触ったり、手で描いたりしてカタチの微妙なニュアンスを身に付けようとしたものですが。
[PR]
by papa-narini | 2005-03-01 10:11 | デザインの法則
<< 気になった時記入するデザインキ... デザインの話3 デザインはいら... >>